借金をチャラに!?債務整理をするなら、ズバリ!おすすめはココです。

街角法律相談所
債務整理について、詳しくお話しをします。

債務整理について、詳しくお話しをします。


借金解決診断シミュレーター

借金0円も夢じゃない!『債務整理』の匿名無料相談が選ばれる理由とは!

【理由@】匿名無料診断が出来ます。もちろん住所も必要ありません!
【理由A】いきなり法律事務所に電話するのも怖いし・・そんな方に支持されています!
【理由B】24時間 相談を受付中です!困った時にいつでも匿名無料診断できます!


任意整理で解決!個人再生で解決!自己破産で解決!解決事例はコチラ


悩んでいるだけでは前に進めません!『借金解決診断シミュレーター』で無料診断してみましょう。あなたに合った債務整理を見つけてくれます。


 

 

債務整理とは

債務整理とは、今ある借金の金額を減らして、高い金利の負担から解放されるための手続きとなります。
現在、200〜300万人と言われる人が借金問題で苦労されていたり悩まれていると言われているんです。借金で悩まれている人の中には、自殺を選んだり夜逃げをされたりする人も多いと言われており、法律の専門家に相談して借金の整理を行う人は一部の人と言われているのが現状です。
どれだけ金額が大きくても借金の整理を法律で整理することができない借金はないと言われています。債務整理をする前にまずは1人で悩まないで法律家に相談されることが1番だと思います。

 

【任意整理のプロ】弁護士・司法書士はこちら

 

債務整理のメリットとデメリットは

債務整理には、4つの方法があります。
1:過払い金返還請求 2:任意整理 3:自己破産 4:個人再生の4種類があります。

 

過払い金返還請求のメリットとデメリット

《メリット》
裁判所を通さずに司法書士や弁護士が貸金業者(消費者金融など)と交渉するため、お客様の負担が軽く、周囲に知られることのなくお手続きが可能。
完済された過払い金返還請求はブラックリスト(信用情報機関)に登録されない。
過払い金返還請求をすることで、払いすぎた利息が返ってくる可能性がある。

 

《デメリット》
過払い金返還請求を行うことにより、2度とその消費者金融からお金を借りることができなくなる可能性がある。

 

任意整理のメリットとデメリット

《メリット》
裁判所を通さずに司法書士や弁護士が貸金業者(消費者金融など)と交渉するために、お客様の負担が少なく周囲に知られることなく手続きが可能である。

 

【任意整理のプロ】弁護士・司法書士はこちら

 

司法書士、弁護士に任意整理の依頼をすることによってすぐに督促が止まること。

 

重い金利負担となる将来利息はカットされる。

 

自己破産や個人再生のように官報に掲載されることがないので第3者に知られることがない。

 

自己破産のような職業制限や資格制限がない。

 

自己破産や個人再生ではすべての貸金業者(消費者金融など)を対象に入れて手続きをしなければいけないが、任意整理で
あれば保証人付きなど特定の貸金業者(消費者金融など)のみを除いて手続きが可能である。

 

過払い金が発生した場合には臨時収入として受け取ることができ借金が減額になることがある。

 

《デメリット》
5年程度はブラックリスト(信用情報機関)に載ってしまうので、その間は新規の借り入れやカードローンの利用、ローンを組むことができない。

 

任意整理は裁判手続きである自己破産や個人再生手続きのように借金の金額もしくは一部が強制免除されるわけではない。あくまでも話し合いによる利息制限法に基づいて過去に払い過ぎている利息分を現在の借金と相殺することにより借金を減額する手続きの為の自己破産や個人再生手続きなどのように強制的な借金の免除が行われるわけではない。

 

強硬な貸金業者(消費者金融など)であれば和解することが難しいことがある。しかし、司法書士などが責任を持って次善の策を提案してくれることがあります。通常の一般貸金業者(消費者金融など)は和解に応じていただけるので心配の必要はないと思います。

 

【任意整理のプロ】弁護士・司法書士はこちら

 

自己破産のメリットとデメリット

 

《メリット》
借金が免除される。(ただし、滞納税金などの支払いは残る)

 

自己破産は客観的に支払いが困難であれば誰でも手続きが可能。

 

申立後は貸金業者(消費者金融など)からの取り立てが止まる。

 

《デメリット》
10年以内は信用情報ブラックリストに載ることで、新規のお借り入れやクレジットカードが作れなくなる。

 

マイホーム等の価値のある財産(原則20万円以上)は処分される場合がある。

 

3ヶ月〜6ヶ月の間は、一部の仕事に就けなくなる。

 

事情によっては借金が免除されない場合がある。

 

官報に掲載される。

 

個人再生のメリットとデメリット

《メリット》
住宅ローンがあっても自宅を手放さなくて済む。

 

借金が大幅に減額される。

 

自己破産のような資格の制限がない。

 

自己破産と違ってギャンブルや浪費が原因であっても手続きすることが可能。

 

自動車など20万円以上の価値があるものを処分せずに手続きが可能。

 

申立後は貸金業者(消費者金融など)の督促が止まる。専門家に依頼していた場合には、その時点で督促は止まります。

 

《デメリット》
10年以内はブラックリスト(信用情報機関)に載ってしまうので新規の借り入れやクレジットカードが作ることができない。

 

官報に掲載される。

 

債務整理の中で1番手続きが複雑なので費用や手間、時間がかかってしまう。

 

任意整理のように一部の貸金業者(消費者金融)を除外して手続きすることができない。

 

このようにいくつも方法はあります。どの方法を選ぶにしてもメリットやデメリットがあるのでしっかりと自分で理解をした上で選ばれるといいと思います。どの方法が1番いいのかは、本来専門家に尋ねるのが一番だと思います。ご自身の状況と照らし合わせてしっかりと話し合って慎重に決めることをお勧めします。

 

【任意整理のプロ】弁護士・司法書士はこちら