【債務整理】特定調停についての説明

借金をチャラに!?債務整理をするなら、ズバリ!おすすめはココです。

街角法律相談所
【債務整理】特定調停について

【債務整理】特定調停について


借金解決診断シミュレーター

借金0円も夢じゃない!『債務整理』の匿名無料相談が選ばれる理由とは!

【理由@】匿名無料診断が出来ます。もちろん住所も必要ありません!
【理由A】いきなり法律事務所に電話するのも怖いし・・そんな方に支持されています!
【理由B】24時間 相談を受付中です!困った時にいつでも匿名無料診断できます!


任意整理で解決!個人再生で解決!自己破産で解決!解決事例はコチラ


悩んでいるだけでは前に進めません!『借金解決診断シミュレーター』で無料診断してみましょう。あなたに合った債務整理を見つけてくれます。


 

 

債務整理の特定調停についての説明をします。

借金をして、何事もなく借金の返済ができれば弁護士に相談しなくてもいいです。

 

それが一番良い借金の返済方法です。そして、それが当たり前です。

 

しかし借金する時は、なにかしら理由がある時です。

 

返済する時に全てが上手くいくとは限りません。

 

借金に首が回らなくなった時に利用するのが債務整理です。そして、

 

債務整理の中でも新しいカテゴリーが特定調停です。

 

任意整理と似ている部分がありますが、特定調停とはどんな手続きなのか詳しく見ていきます。

 

【特定調停のプロ】弁護士・司法書士はこちら

 

特定調停とは?

特定調停とは、裁判所を利用した債務かです。「借金が払いきれるのか心配。」
という人のためにできた手続き方法です。これは、収入がない人のための手続きではありません。収入がなければ自己破産となり、借金がなくなります。しかし特定調停の場合は、借金がなくなるわけではありません。あくまでも払うのが前提なので、収入がある人が受ける手続きとなります。しかし、収入があってもその借金が3年以内に払いきる事ができるのかというのが焦点になります。分割で借金を払うため、特定調停をしたとしても今後の収入の見込みがあるのかが問われます。今後の収入とは、正社員だけが対象ではありません。アルバイトやパート、年金などの収入があれば手続きができます。

 

特定調停のメリット

特定調停は裁判所の手続きなので、弁護士が消費者金融とあなたに割り入る事はありません。そのため、弁護士費用がない人でも特定調停を受ける事ができます。また他の債務整理の手続きと同じく、過払い金の返還が見込めます。そして、利息を計算し直す事で借金が減る事もあります。
そして、他の債務整理よりも短期間で手続きが終わります。そのため、結果が早く出て借金返済のプランニングが早くできるのがメリットです。

 

特定調停のデメリット

特定調停は他の債務整理と同じく、手続きをするとブラックリストに載ります。これは債務整理上、避けて通れません。借金の返済ができないのだから、今後は要注意人物となるのです。また、特定調停はこれから借金を払っていくためのプランニングです。特定調停が終わって、もし借金の支払いがまた難しくなった場合は給料などが差し押さえられる可能性があります。

 

特定調停と任意整理

特定調停と任意整理は、借金がなくならないという点は一緒です。どちらもこれからきちんと借金を払っていくというのが前提です。しかし任意整理は弁護士がやり、特定調停は裁判所がやるというのが大きな違いです。弁護士は親切に接してくれる人も多いのですが、特定調停は裁判所というお役所なので、調停員によってはドライな人もいます。消費者金融寄りの意見を言ってくる場合もあります。しかし、費用は安く収まるというのが特定調停です。

 

特定調停の流れ

特定調停の手続きは、借りた消費者金融がある場所の簡易裁判所で行います。窓口で申し込み書を記入します。もしも複数の消費者金融から借り入れがある場合、一番行きやすい簡易裁判所でも構いません。一つの場所で複数の申し立てをまとめて行う事もできます。申し立てをすると、消費者金融と調停員が話し合いをします。一回目の話し合いは、調停員と借金をしている人です。弁護士に相談するように、今後について話し合います。かかる時間はだいたい一時間ぐらいです。二回目の話し合いは、消費者金融も交えて話し合いをします。
そして、もし消費者金融との話し合いがまとまらなかった場合は、他の債務整理の手続きをするしかありません。消費者金融との話し合いがまとまれば、調停書通りに借金返済をしていく事になります。かかる日数は、調停の申し込みから一回目の話し合いまでがだいたい1ヶ月〜2ヶ月ほどです。そして、次の話し合いまでがまた1〜2ヶ月ほどかかります。話し合いが終わると、一週間ぐらいで調停調書と呼ばれるものが届きます。これが話し合いの結果です。

 

 

【特定調停の体験談】
実際に特定調停をした人の体験談です。
私には家族がいましたが、借金もありました。原因はギャンブルです。子供が産まれてからはなるべく控えていましたが、今までの借金があってとうとう追い詰められてしまいました。月の返済額は11万円です。借金の返済に苦しんでも、子供や家族のために自己破産はできません。そこで弁護士に相談したところ、特定調停を進められました。今の借金返済額は、約4万円ほどです。思いきって相談して良かったです。
特定調停などの債務整理をすると、借金をする重みを知る人が多いです。そして、特定調停は借金がなくなるわけではなく、返済していかなきゃいけないという重みもあります。だから、これからは借金しないようにしようと思わせるための手続きでもあるんだなと感じます。
家族のために借金をなんとかしなきゃいけないけど、自己破産は避けたいという人に向いているのが特定調停です。無理なく借金を減らして、今後は気を引き締める事ができます。

 

 

【特定調停のプロ】弁護士・司法書士はこちら